引越しは部屋の片づけをする絶好の機会です!

今使用しているものと使用していないものを分ける。

引越しは、住まいを移動するにあたって荷物や家具や家電などもまるごと移動させることになります。それを機に家の片付けをしてみましょう。引越し準備のための荷造りをするなどして、さまざまな家にあるものを目にすると思いますが、中にはもう何年も使っていないものや壊れていたりして不要なものも出てくると思います。荷造りをするついでに、家庭内で所有しているものをまだ使用するものともう使用しないと思うものに分けて、使用しないと思われるものを処分すれば片付けができます。

不要になったものを処分する。

荷造りをしているうちに必要なものと不要なものを振り分けられたら、不要なものを処分していきましょう。自治体にもよりますが、燃やせるごみと燃やせないごみを分別して集積所に出したり、粗大ゴミは自分で処分場に運んだり集積を依頼したりします。また、衣類や未使用の日用品など物によってはリサイクルショップに買い取ってもらったりすることもできます。不要になったものは、引越しする前にできるだけ処分することで引越しの際に新居に持って行く荷物を減らすことができます。

新居に必要なものを運んで片付ける。

引越しまでに不要なものを処分して必要なものを残したら、あとはその必要なものを新居に運びましょう。引越しは業者に頼むという方法もありますし、手伝ってくれる人がいれば依頼して自分たちですることもできます。そして、新居に引っ越した後は、前の家から持ってきた必要なものを片付け、快適に生活できるようにしましょう。事前に新居を見ておいて片付ける場所を予め考えたりしておけば、新居への引越し後の片付けもうまくできると思われます。

不用品の回収とは、家庭ででた燃えるごみとして処分できない乾電池や電化製品、金具類などを回収してくれることをいうのです。